現金を廃止し、完全キャッシュレス化に向けて始動。

2021/3/18

 この度、株式会社BUBが運営するBUB RESORTでは、現金での決済を廃止し、クレジットカード払いやQR決済といった非接触型の決済方法に移行し、完全キャッシュレス化を実現します。グローバル化が進む現代は「変化の時代」とも言われており、世界ではあらゆる変化がみられます。決済方法もその変化の1つで、日本の経済産業省は「2025年までにキャッシュレス決済比率40%を目指す」という目標を掲げており、国全体でキャッシュレス化を推進していくとしています。BUB RESORTにおける完全キャッシュレス化では、宿泊予約オンラインからの宿泊料金の精算までを完全オンラインに移行し、将来的なインバウンド需要の回復による海外からのゲストや今後の海外進出を見据え、取り組んでいきたいと考えております。

【オンライン決済移行完了】

 現在、BUB RESORTのご予約は公式HPやそのほか予約サイトからクレジットカード等でお支払いを行う、オンライン予約のみを受け付けています。これらの工程を全てをオンラインかつ事前に済ませていただくことで、本来かかってしまうチェックアウトの時間をおよそ85%減少させることが可能になります。また、事務的作業としてのチェックアウトではなく、ゲスト様に楽しんでいただくための時間に変えていきたいと我々は考えています。これによって、滞在中のゲスト様の時間を、BUB RESORTでの貴重な「体験」に費やして頂くことが可能になります。

【現金廃止】

 BUB RESORTでは、宿泊料金や売店でのお支払いを、全てクレジットカードまたはQR決済といった非接触型決済によるお支払い方法に統一します。
これによって、ゲスト様が滞在中に現金を持ち歩く煩わしさを解消するだけではなく、非接触・短時間でのお支払いによって、感染症対策にも貢献します。
また、世界的に進むキャッシュレス化のなかで、いち早く取り組んでいくことで、BUB RESORTに来場する全てのゲスト様に対して常に新しい体験を届けていきます。